2011年02月01日

シコアサイズ 貴乃花親方のダイエットDVDが話題!!

シコアサイズ」という新しいダイエットエクササイズを知っていますか?
先日情報番組スッキリ!でも紹介され今とても話題になっているダイエット法の「シコアサイズ」。

 このシコアサイズとは、相撲の「四股」をヒントに考案されたエクササイズのことなんです。

 考案したのは相撲界で人気を博した、あの貴乃花親方
 貴乃花親方は2009年春、現役時代から比べて最大80kgの減量が話題となりました。その時貴乃花親方は、自分が考えた食事療法とオリジナル運動法をメディアで紹介。「核」のある生き方を目指す貴乃花親方の哲学「SHICORE(シコア)」にちなみ、この運動法をシコアサイズとネーミングしたそうです。

 そのシコアサイズを紹介してまとめた本とDVDがとても注目されているのです。



 シコアサイズは入門編としての「イニシャル・シコアサイズ」、
 初級編の「アンダンテ・シコアサイズ」から中級編「モデラート・シコアサイズ」、
 上級編「アレグロ・シコアサイズ」まで、レベルに合わせて行うことができる、さまざまな段階のカリキュラムが用意されているそうで、入門編は20分くらいから始められる手軽なもの。
付属のDVDも付いているので、シコアサイズの詳しい解説DVDを見ながら一緒に取り組むこともできるようです。

 最初は入門編の「イニシャル・シコアサイズ」から手軽にゆっくりと始めるだけでも、続けると1か月から2か月ではっきりと効果を実感できるようです。
 特に普段動かさない太ももの内側やおなか回りの筋肉に有効なようで、あまり使わない筋肉を鍛えることで効果は割と早く実感できるようです。
このシコアサイズの本とDVDの口コミをいろいろ調べてみると、

「おなか回りの効果が大きい!」
「自分のレベルの合わせて段階が選べるのがよい」
「無理せず続けようと思えるほど効果がわかりやすい」


などの声が多くみられました。
何分あの横綱貴乃花が今の貴乃花親方の体型になるほどのダイエット法なので、説得力も相当なものがありますよね。
シコアサイズには根本的な体作りのしっかりとした理念があるので、それを理解したうえで取り組めば納得した結果となる気がします。

 らぶじらは産後ダイエットも一区切りつき、産前のベスト体重に落ち着いたところ。
 しかし年齢的に体重は戻っても体型が戻らない…という悩みを抱えています。
 いろいろなダイエットエクササイズを試していいとこどりをしていますが、この「シコアサイズ」もぜひ取り入れて引き締まったおなか回りを目指そうと思います♪



posted by らぶじら at 22:28| Comment(0) | ダイエット・美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

あずき茶 つかえるテレビで紹介 そのむくみ撃退ダイエット効果とは?

1月10日のつかえるテレビで、お正月太り撃退法が紹介されました。
紹介されていたのは2つの方法で、ひとつは「あずき茶」、もうひとつは「腸つまみリンパマッサージ」です。
どちらもむくみを取るための方法でした。

なぜ正月太りとむくみが関係しているかというと、
お正月のおせち料理で塩分を多く摂取、アルコールで血管が広がり、寝正月の運動不足で体内の水分が停滞…という図式が起こりやすいためだそうです。

あずき茶、というのはなかなか聞き慣れないのですが、作り方を番組のなかで紹介していました。

【あずき茶の作り方】
1 あずき大さじ3杯とカップ3杯の水を鍋に入れる。
2 とろ火で30分煮る。
3 灰汁はすくって捨てる。


これを1日300から400ml、2・3回に分けて飲むとよいそうです。
また、腸つまみリンパマッサージのやり方は、

【腸つまみリンパマッサージのやり方】
2分くらいを目安におへその下を両手で力を入れずにゆっくりゆっくりとつまむだけ。
冷たく感じる部分があれば、そこがむくみの原因になっている可能性があるため重点的に。


らぶじらは普段から冷えとむくみはかなり気にしていて、
昔別のテレビ番組でテニスボール二つを使った足のマッサージ法をよくやっています。

今回新たに腸つまみリンパマッサージを試してみましたが、これ、なかなかいいです。
何しろ「冷たく感じる部分」というのがらぶじらの場合とても分かりやすく、そこを重点的に行うと次の朝すっきりと目覚めました。
これはしばらく続けてみようと思ったマッサージ法でした。

もうひとつのあずき茶ですが、我が家に小豆は常備されていません(←普通ないよね??)
なので既製品が無いかと探してみると意外とたくさん出回っていました!



ペットボトルのものが手軽なのでそれを買って、少し温めて飲んでみようと思っています。

あずき茶にはポリフェノールやカリウムが豊富に含まれていて、それが体内の水分代謝を助けてくれるそう
あずき本来のほんのりとした甘みとすっきりした味わいで、うれしいノンカロリー。
あずき茶に含まれる成分がむくみに働きかけ、ダイエット効果が期待できるということです。

ダイエット効果のあるお茶ってなんか「飲めばスッキリ快便!」みたいな強力下剤のようなイメージのものが多いのですが、このあずき茶はあくまで「代謝を高めてむくみを取るダイエット効果」のようです。

この冬は少し冷えやむくみと真剣に向き合って、
できるだけベストな体重を維持していきたいと決意したらぶじらでした♪
posted by らぶじら at 23:34| Comment(0) | ダイエット・美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

腹筋を割る方法 正しい方法で腹筋を6つに割る!

らぶじら、最近筋力トレーニングを始めました。
なんとなく冬近づくに釣れて運動不足が気になり、寝る前にちょこちょこ腹筋やら腕立てやらをして体を温めてから寝ています。

やり始めて一週間、ふと、「腹筋を割ってみたい」と漠然と思い立ちました。
もちろんらぶじらの人生の中で腹筋が割れていた期間は一度もありません。
腹筋を割るにはどんな方法があるのか、いろいろ調べてみました。

そもそも腹筋というのは、もともとどんな人でも六つに割れているそうです。
それが見えないのは、

・お腹の脂肪が多く、腹筋が見えない
・お腹の脂肪は少ないが、腹筋量が少ない
・お腹の脂肪は多く、腹筋も少ない


のうちどれかが当てはまっているからなんだそうです。
つまり、腹筋を割る方法としてはお腹の脂肪を落として腹筋を強化する、ということが大切なんですね。

脂肪を落とすには有酸素運動。ジョギングウォーキングをしながら脂肪を燃焼させます。

腹筋を鍛えるには「クランチ」という筋力トレーニングが効果的。
シフトアップと言われる普通の腹筋よりも効くそう。

クランチは脚を曲げて立てた状態で仰向けになり、手をお腹の上に置いてそのままおへそを覗き込むようにしてぎゅっと体を縮める運動。
なので普通の腹筋のように状態を完全に起こすのではなく、腹筋を使って上半身を縮めるトレーニングです。
縮めるときには息を吐き、戻るときに肩や頭を床に付けて休まないようにするのがコツ。15回×3セット(インターバルは2分以内)行うといいようです。

らぶじらはこの腹筋を割るための方法を昨日からはじめています。
いつ腹筋が割れるか楽しみだな♪
posted by らぶじら at 14:35| Comment(0) | ダイエット・美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。