2009年11月29日

訳あり商品 通販 スマステーションでも特集

今日久々に旦那とスマステーションを見ていたら、ワケあり商品を一挙に22商品紹介していました。

訳あり」「ワケあり」商品はインターネットを中心に今とっても話題になっていますよね。
訳あり品は鮮度やニーズの関係から、店舗販売よりも通販での需要が高いみたいです。
訳あり品は味などはほとんど変わらないのに、訳あり品は正規品の半値以下の値段で買えといったお得感がたっぷり。
バブルの頃とは違って「多少難があってもよいものはよい」という風潮が不景気に後押しされて広まっているので、通販で賢く利用するとワケあり品はとても経済的です。

スマステーションで取り上げていた訳あり品は22品でしたが、インターネットで調べてみるとワケあり品は無数に存在しています!
一番品数が多かったのが大手の楽天
楽天はとにかくインターネットショッピングサイトの中では商品数ダントツトップなので、通販用の訳あり品も数え切れないくらいありました。

楽天訳あり通販商品一覧

楽天では少し前に「はしっこ商品」が話題になっていましたね。
こちらも訳ありと同じですが、お肉や洋菓子といったものが多いようです。

楽天はしっこ通販商品一覧

スマステーションのワケあり品の特集を見た後、旦那と一緒にネットの楽天のワケあり品を眺めながら年末に向けていろいろ買おうという話になりました。
高級品も訳あり品なら、同じ予算でたくさん食べられますしね♪
おせちの材料になりそうな訳あり品もあったので、これからいろいろ吟味してみようと思います。
ラベル:訳あり ワケあり
posted by らぶじら at 00:49| Comment(0) | グルメ・お取り寄せ・ギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

白いちご 初恋の香り チロルチョコ「幻の白いちご」登場!

幻の白いちご」というのがあることをご存知でしょうか?
この白いちごは「初恋の香り」という品種で、その白いちごという名前の通り果皮も果肉も真っ白!
通販ではすぐに売り切れになってしまうほどの人気ぶりで、いちごが白いという意外性と希少性で「幻の白いちご」と呼ばれています。



ホワイトいちごとも呼ばれるこの初恋の香りという品種の白いちごの果皮は、真っ白でほんのりピンク色に色づいているものもあります。
その見た目から少女がほおを染める様子がイメージされ、「初恋の香り」という品種名が与えられた、と言われているそうです。
白いちごの味は真っ赤じゃないのに甘くてほのかに甘酸っぱく、果肉がとっても柔らかくて大変人気があるようです。

しかしあまりに人気で通販でもなかなか手に入らない白いちご。
どうしても一度食べてみたい!という人に朗報です。
チロルチョコの<幻の白いちご>という新商品が今月11月30日全国で新発売されることになったそうです!
091111-17.jpg
チロルチョコ「幻の白いちご」 2009年11月30日発売 1個30円

「チロルチョコ」シリーズの新アイテムで、白いちご(初恋の香り)を原料の一部に使用。希少性の高い原料イチゴを使用した、甘酸っぱい白いちごの特徴を表現しているそう。 
イチゴの種入りのストロベリータイプチョコに、イチゴソースとエアインした軽い口溶けの白いちごチョコが入っているそうです。
今朝のめざましテレビでも紹介していました。

まずはチロルチョコで幻の白いちごを味わってみようと思ったらぶじらでした♪
posted by らぶじら at 08:25| Comment(0) | グルメ・お取り寄せ・ギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

結納館の水引 京都・清水の伝統の技



すごい細かい細工ですよね。
これ、伝統の技が織り成す手作りの水引なんです。

作っているのは京都・清水で江戸時代から創業している結納館(前水引館)。
洗練された技術と素材にこだわり、京の職人さんがひとつひとつ手作りしている伝統水引です。
使われている素材は「京水引」という最高級の手作り水引。
結納略式結納に、オーダーメイドで注文することもできます。

100色以上の豊富な色から微妙な色彩にも対応出来るそうで、職人の繊細な技の成し得る伝統的な水引をオーダーメイドできるのは素敵ですよね。
結納などの特別な日をより引き立ててくれそうです。

らぶじらは両親が健在ではないので結納はしませんでしたが、昔から水引の曲線美に惹かれるものがあって、小さな頃おばあちゃんから水引の付いた袋をもらって喜んでいました。
これまでにお祝いで頂いた袋の水引も一般に市販されている工業製品の水引で、本当に細かい細工のしてある手作りの水引は見たことがありません。

そうそう、もう選外にはなりましたが、東京オリンピックのマークのデザインにも水引が使われていてなんか嬉しかったです。
オリンピック招致には賛成しかねますが、あのマークは何かで残ってほしいと思っています。

職人の後継者不足に悩まされながらも、昔ながらの技術を守り抜いている結納館の水引。
有名百貨店でも手に入らない伝統の一品を、特別な日にいかがですか?
posted by らぶじら at 12:40| Comment(0) | グルメ・お取り寄せ・ギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。