2009年08月12日

陽信孝さんの「八重子のハミング」ベストハウス123の愛と感動の介護物語SP

今日のベストハウス123は、「愛と感動の介護物語SP」。
どのプレゼンも涙なしでは見ることができないほどでしたが、
やはり一番感動したのが第1位の「ガンの夫とアルツハイマーの妻の4000日の壮絶な介護の記録」。

まず、夫である陽信孝(みなみ のぶたか)さんが胃ガンを発病。
人生のすべてが夫だった妻の八重子さんは、一晩で毛髪が真っ白になるほどのショックを受けます。

その後八重子さんは53歳で若年性アルツハイマー病を発病。この若年性アルツハイマーは進行のスピードが速い病で、夫信孝さんはガンと闘いながらの介護を余儀なくされます。

しかし信孝さんのガンは無常にも腸に転移、すい臓に転移、リンパガンにと転移。

日々ものすごいスピードで病状を進行させていく妻との介護と自分の病との闘いに疲れ果て、死を決意して夫婦二人2日間彷徨ったこともありました。
行き着いた海岸の崖っぷちで信孝さんを繋ぎとめたのは、
何もわからずハミングを口ずさむ妻八重子さんの笑顔。

様々な紆余曲折を乗り越え、信孝さんは献身的に八重子さんの介護を続けます。
毎日「大好きだよ」と妻に呼びかける信孝さんの姿は本当に心からの言葉ばかりで、胸を打つものでした。
その後、八重子さんは享年67歳で亡くなります。

最愛の妻に先立たれた夫陽信孝さんに、
大きな奇跡は訪れます。
あれだけ進行して転移を繰り返していたガンが、消えていたのです!!

信孝さんは最後に、
これは女房の笑顔がくれた奇跡だ。
 本当に彼女の笑顔は素敵だった。
 病気になってますます女房のことが好きになった

と語っていました。

介護の問題を提起した物語だったのですが、
らぶじらには夫婦の本当の愛の形とは何かと考えさせられる内容でした。
本当の愛とは、いつでも見返りを求めない真心のことなのだと思いました。

陽信孝さんは後にその壮絶な介護の記録を、
八重子のハミング」という書籍に残しています。


posted by らぶじら at 22:03| Comment(2) | 映画・ドラマ・テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

筆談ホステス 斉藤里恵さん 銀座NO.1になった理由 金曜のスマたちへより

今日の金曜のスマたちへで特集していた、
聴覚障がいを持つ銀座NO.1ホステスの斉藤里恵さん。

彼女は幼い頃にかかった髄膜炎とう病気の後遺症で耳が全く聞こえなくなり、様々な苦労と紆余曲折を経てホステスとなります。

耳が全く聞こえないため、彼女の接客方法は筆談。
日本初の「筆談ホステス」として地元青森で人気が高まり、
そのお店では入店4ヶ月でNO.1となったそうです。

その後状況し銀座のお店へ。
その中で筆談の語彙力と幅広い分野の知識を猛勉強して身に付け、
入店後2年で銀座NO.1の筆談ホステスとなります。

彼女の武器はなんと言っても言葉のきれいさ、言葉運びの美しさ。

例えば出世が思うように進まず妻に急かされ悩んでいるサラリーマンには、
奥様にこう書いて渡してください。
少し止まって歩く、と書きます。
少しずつですが、確実に前に進んでいますよ

と筆談で返します。
後日そのサラリーマンはそう書いて妻に置手紙をし、
その後出世も決まり夫婦仲も円満になったそうです。

また不景気に苦しむお客さんが「辛」という字を書いてくれば、
「(辛、という文字に一本足して)
辛いのは幸せの途中です

と返します。

これを見ていたらぶじらの旦那は、速攻ヤラレてました(汗)
普段はあまりそういうことを言わないのですが、
「俺今の言葉はかなり胸に来た。ちょっと泣きそうになった。
この人とはぜひお酒を飲んでみたい」
とまで言っていました。

さすが銀座NO.1筆談ホステス、
言葉選びから使い方まで本当にきれいです。
そして斉藤里恵さんもとてもきれいで笑顔の素敵な方。

自らのハンデを取り得として生かしている筆談ホステス斉藤里恵さん。
同じ女として、学ぶことがたくさんありました。



posted by らぶじら at 22:53| Comment(0) | 映画・ドラマ・テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

「こち亀」実写ドラマ初回視聴率12.2% やっぱりキャストミス…?

SMAPの香取慎吾さんが主演の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」実写版ドラマの初回視聴率が発表になりました。
気になる結果は…

12.2%

うーん、あれだけの豪華キャスト(ゲスト)でもって、この数字はどうなのでしょう??

今回はやっぱりキャスト発表の段階からどよめきがありましたよね。
両さんこと両津勘吉に香取慎吾さん。
同僚の中川に速水もこみちさん。
麗子に香里奈さん。

どれもらぶじら的には「う〜ん」です(深イイ話風に;笑)。

「こち亀」はやっぱりジャンプ紙上でも伝説的な漫画ですし、
「少年誌の最長連載記録」としてギネス記録を保持している秋本治さんの国民的マンガです。
世代を超えて愛されている漫画。
子どものころから読んでいたし、今でも旦那の毎週買ってくるジャンプで「こち亀」だけは欠かさず見ています(あ、今日発売日だ)。

アニメ化したときもちょっぴり違和感ありましたが、
今回は予想通り全く別のコメディドラマになっていました。
ミュージックステーションに香取慎吾さんがあのレベルの歌で2週続けて出演するというのもなんとも必死な番宣で…。
まじめに歌を作っている一緒に出演している歌手がなんかかわいそうになりました。


そこでいきなりですがらぶじらが勝手に選ぶ!
こち亀実写版ドラマキャストはコレ!!

両津勘吉→ぐっさん
中川→小泉孝太郎
麗子→水川あさみ

どうでしょう(笑)?




こちら葛飾区亀有公園前派出所 165巻 (ジャンプコミックス)
posted by らぶじら at 11:28| Comment(0) | 映画・ドラマ・テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。