2009年11月25日

スーザン・ボイル アルバム「夢やぶれて」発売 YouTubeで三億回以上再生された48歳のシンデレラガール



一夜にしてシンデレラガールとなった48歳の歌姫、スーザン・ボイルさんを覚えているでしょうか?

スーザン・ボイルさんはスコットランドのブラックバーンで生まれ育ち、教会のボランティアを務めながら自宅で愛猫ペブルスと過ごす生活を送っていました。

そんな中亡くなったスーザン・ボイルさんの母親が言った「あなたの歌声は本当に素敵よ。歌手の道にチャレンジしてみなさいよ」という言葉を信じ、今年4月11日にイギリスのオーデション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」第3シーズン予選に出場。

スーザン・ボイルさんはミュージカル「レ・ミゼラブル」の挿入歌「夢やぶれて」を歌い、当時47歳の垢抜けないひょうきんな容姿とは裏腹の美声と歌唱力で会場を圧倒して一躍有名になりました。

番組では惜しくも準優勝となったものの、番組終了後YouTubeにアップされスーザン・ボイルさんの映像は全世界で3億回以上も再生され社会現象になるほどの人気ぶり。
スーザン・ボイルさんは一夜にして名声を手にいれ、48歳のシンデレラガールとなりました。

そのスーザン・ボイルさん念願のデビューCDアルバム「夢やぶれて」が、今日11月25日ついに発売!
米国アマゾン予約数で既にチャート1位獲得しているそうです。
日本版には「翼をください(英語歌詞)」のボーナストラックがついています。
スーザン・ボイルさんの「夢やぶれて」の収録ラインナップは次の通り。ザ・ローリング・ストーンズの名曲「ワイルド・ホース」など豪華な曲目がズラリ。



『夢やぶれて』
2009年11月25日発売
SICP-2485 \2,800(税込)
1.ワイルド・ホース
2.夢やぶれて(「鷹の爪 THE MOVIE3」主題歌)
3.クライ・ミー・ア・リヴァー
4.偉大なるかな神(輝く日を仰ぐとき)
5.愛をこえて(ユール・シー)
6.デイドリーム・ビリーバー
7.アップ・トゥ・ザ・マウンテン
8.アメイジング・グレイス
9.フー・アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ビー
10. プラウド
11.この世の果てまで(ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド)
12.きよしこの夜
13. 翼をください〜Wings To Fly※日本盤ボーナストラック


スーザン・ボイルさんのその後がすごく気になっていたので、CDデビューのニュースは嬉しいものでした。
YouTubeで聞いた「夢やぶれて」以外のスーザン・ボイルさんの歌声もぜひ聴いてみたいです♪
posted by らぶじら at 19:00| Comment(0) | 時事・芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

2010年の最も安全な車 27車種中日本メーカー8車種選出

米道路安全保険協会(IIHS)という協会が、毎年様々な安全テストを実施して「最も安全な車」というのを選出しているそうです。

2010年の最も安全な車」として選出されたのは27車種。
一番多く選出されたメーカーはアメリカのフォード・モーターの6車種。
日本車では富士重工業(スバル)の5車種を筆頭に計8車種が選ばれたそうですが、なんと安全性をうたっているトヨタ自動車はゼロ。
トヨタ側は「調査は誤解を生む」と反発するコメントを出したそうです。

今回は屋根の安全性を新たに項目に入れたため、前年の90車種を大きく割り込む27車種にまで絞り込まれたようです。
最も安全な車が激減したような感じがしてちょっとびっくりしましたが、基準が変わったんですね。

2010年の最も安全な車に選出された27車種のうち、日本のメーカーが選ばれた8車種はこちら。

●Subaru Impreza【スバル インプレッサ】
●Subaru Legacy【スバル レガシィ】
●Subaru Outback【スバル アウトバック】
●Subaru Forester【スバル フォレスター】
●Subaru Tribeca【スバル トライベッカ】(米国で製造、日本未発売)
●Honda Civic【ホンダ シビック】(4door)
●Honda Element【ホンダ エレメント】(米国で製造、日本では2005年で販売終了)
●Nissan Cube【ニッサン キューブ】


ちょっと意外なラインナップもありますね。
らぶじらは今スバル車乗っていますが、古い軽なので問題外でしょう(笑)
posted by らぶじら at 22:05| Comment(0) | 時事・芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

業界ヘッドロック(ギョウカイヘッドロック) 渡邉裕二さんのブログ 「酒井法子 孤独なうさぎ」の著者

芸能ジャーナリスト、渡邉裕二さんのブログギョウカイヘッドロックが今とても注目されています。業界ヘッドロック、というネーミングもおもしろいですよね。

→芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック

渡邉裕二さんといえば、以前らぶじらが酒井法子さんの暴露本関連の記事で紹介した「酒井法子 孤独なうさぎ」(双葉社)の著者。
これは10月9日に緊急出版された後、たちまち2万部を完売するほどの反響で10月23日にさらに1万5000部の増刷が決定されたほど話題になった本。

酒井法子の暴露本関連の記事はこちら

渡邉裕二さんはブログギョウカイヘッドロックのなかで、この「酒井法子 孤独なうさぎ」が中国でも出版されることになった、と書いています。また、台湾などからも出版のオファーが来ているとか。
それだけ酒井法子さんのアジアでの人気が高かったということなのでしょう。

渡邉裕二さんのブログ「ギョウカイヘッドロック」は、芸能ジャーナリストである渡邉裕二さんの独自の情報力で集められた業界の裏話が満載。
まさに業界ヘッドロックといった感じです。
一般のブロガーの芸能記事ブログと違い、ジャーナリストという視点からの切り込み方が面白いです。
何より、その情報力と顔の広さから記事に信憑性が出てきますよね。

酒井法子さんのことにも詳しく触れられていて、芸能情報の最新事情がのぞけるブログと言えるでしょう。
特に芸能界の覚せい剤事情には詳しく、酒井法子さん以外にも今要チェックの芸能人がいるとか。
ちょくちょくのぞきに行けば、芸能通間違いなしです☆
posted by らぶじら at 12:35| Comment(0) | 時事・芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。