2013年11月19日

卒婚とは? 卒婚のススメ NHKでも特集 清水アキラも 中国では… 

卒婚のススメ 卒婚とは?
 
 卒婚のススメで広まり、
 NHKでも特集された現代社会の夫婦の現実

 最近では清水アキラも卒婚を表明

 中国ではこんな言葉も… 




 ■卒婚とは?語源は?

 『卒婚(そつこん)』とは、「夫の定年を機にそれまでの結婚生活からきっぱり卒業し、互いに役割に縛られず長い老後を生きよう」という考え方。

 卒婚の語源は杉山由美子さん著作の「卒婚のススメ」(2004年4月 オレンジページ刊)で、卒婚とはこの「卒婚のススメ」によって一般的になった新語です。

 意味は「結婚からの卒業」なのですが、卒婚はいわゆる通常の「離婚」とは違うそう。

 卒婚は主に熟年夫婦が対象になる言葉です。

 子供が独立し、定年を迎えた熟年夫婦が、これまで築いてきた二人の関係を整理しリセットした上で、
もう一度自分自身というものを見直し、それぞれの道に進んでいくというライフスタイルのこと。

 別居する卒婚もあれば同居のまま過ごす卒婚もあり、一時期話題になった「熟年離婚」とも違う言葉です。

「卒婚のススメ」の著者・杉山由美子さんいわく、

「大半が20代で結婚した今のシニア世代は、平均寿命が延びて結婚生活がかつてない長さになった」
「卒婚をきっかけとして、2人で円満な老後を過ごすことができればいい」

 と説いています。

 卒婚はあくまで円満な形での、老後の夫婦の過ごし方を提案した言葉と言えそうです。


 ■NHKでも特集が組まれるほど

 「卒婚のススメ」をきっかけとして「卒婚」という言葉が一般的になるにつれ、今の日本が抱える社会問題を背景に「卒婚」を選ぶ夫婦が少しずつ増えてきています。

 「卒婚」とは離婚や仮面夫婦といったネガティブな夫婦の方向性を模索するのではなく、
 結婚という形を持続しながら、夫婦それぞれが自由に自分の人生を楽しむ、といった夫婦の相互信頼の延長上にあるポジティブな選択肢として受け入れられていったのでしょう。
 
 卒婚というテーマでNHKでも特集が組まれ、多くの反響と賛否を呼んでいます。


 ■最近では清水アキラも卒婚を表明

 ものまねタレントの清水アキラさんは、最近「卒婚」を表明して話題になっています。

 なんでも清水アキラさんは現在長野県に、妻は東京に住んでおり、
 「わたしは春夏秋冬がはっきりしている長野に住みたいけど、妻は『長野はたまにでいいよ』って言うんです。『ママ、それじゃ別居か』って話になって。」
 と卒婚を決意。
 今でお互いを尊敬し合っているとあくまで円満な関係を強調しています。

 ネットでの反応は「うまいこと言って結局籍を抜かない離婚じゃん!」という厳しいものも多いみたいですが、
 もう少し「卒婚」の意味が浸透すると時代とともに受け止め方も変わってくるかも知れませんね。

 ■中国では「卒婚族」という言葉がある。

 中国では、「卒婚族」という言葉があるそうです。
 卒婚族とは卒業と同時に結婚する女子学生を指す新語のことで、景気悪化の影響で中国ではこの「卒婚族」が急増しているらしいです。

 同じ卒婚でもこちらはまったく別なおめでたい言葉のようです。
 日本語に置き換えると「卒婚族」=「永久就職」といったところでしょうか?



 らぶじら家はもう少しで結婚生活7年目。
 まだまだ「卒婚」の予定はありませんが、共働きの私たちの老後の生活について、折りに触れて話し合ってみようと思った話題でした。
posted by らぶじら at 18:59| Comment(0) | 時事・芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

ミス・インターナショナル・クイーン2013 日本人代表は三名!結果はいかに(結果追記あり)

 タイで行われるニューハーフ世界一コンテスト「ミス・インターナショナル・クイーン2013」が開催されています。

 今回は日本から三名(西原さつきさん、アナベル結羽さん、藤ノ宮せりさん)が出場。世界各国から全28名が世界一を目指します。


 
miq2013f.jpg
 ↑出場している日本人代表の三名。
  左から 西原さつきさん、アナベル結羽さん、藤ノ宮せりさん

 ミス・インターナショナル・クイーンといえば、2009年にタレントのはるな愛さんが優勝したことが記憶に新しいですね。
 かなりのダイエットをして本気で世界一を目指した姿はドキュメント番組も放送され話題を呼びました。
 女性がただ単にダイエットしてやせるよりも、男性だったはるな愛さんが女性らしくダイエットして痩せることは想像以上に大変だったと思います。

 今回そのはるな愛さんは名誉審査員を務めるそうです。
 会場でパフォーマンスも披露し、大いに盛り上がったとか。

t02200250_0220025010292929308.jpg
 ↑2009年 ミス・インターナショナル・クイーンで優勝したはるな愛さん

 →関連記事「ミス・インターナショナル・クイーン2009 はるな愛日本人初優勝!


 しかしニューハーフというのを忘れてしまうほど、皆さん女性よりも女性らしいと言うかとても綺麗です。
 らぶじらはミス・ユニバースの代表女性よりも好感が持てるかも知れません。

 なんだかミス・ユニバースの代表になる女性って、もう完璧すぎて次元の違う感じがしませんか?
 「美」に対してストイックな姿勢は素敵だと思うのですが、「憧れる」存在ではないです。
 その点ニューハーフの方々の女性美には見習う点が多くある気がします。
 女性よりも女性らしくありたいと思う気持ちが、所作に表れるのかもしれません。 
 すっかり愉快なオバサン化しているらぶじらなので、こういうニュースを聞くと女子力の足りなさを思い知らされる気がします。


 なお、「ミス・インターナショナル・クイーン2013」決勝は2013年11月1日です。

 我らが日本代表の西原さつきさん、アナベル結羽さん、藤ノ宮せりさんら三名は、どんな健闘を見せてくれるのでしょうか?
 再び日本人がニューハーフの最高峰の称号を得ることができるのか?

 結果に注目が集まりそうです。


▼▼▼………………11月2日 追記………………▼▼▼

決勝の結果
ミス・インターナショナルクイーン2013で優勝したのは
missinternationalqueen2013b.jpg
ブラジル代表
マルセロ・オハイオさんでした。

 2位アメリカ代表、
 3位タイ代表だそうです。

 残念ながら今回日本人代表の3名はトップ3入賞は果たせなかったようですね。
 また来年に期待したいです。



 
posted by らぶじら at 16:22| Comment(0) | 時事・芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

2020年東京オリンピック 招致ロゴマークはいつまで?

ちょっと前の話になりますが、2020年東京オリンピックが決まりました。
久々の明るいニュースに日本中が沸き立ち、滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」も流行語の兆しが見えるほど話題になりました。

らぶじら自身は、割と静観しています。
なんとなく、まだ両手を挙げて喜べない心境です。
まあ、都心から遠く離れた地方都市というのもあるのですけども。

今から4年前、2016年東京オリンピックマークのデザインという記事を書きました。

m_olympic_logo202016.png

読み返すと、この時もらぶじらは招致にイマイチ賛成ではなかったみたいです。
結局4年前の2016年東京オリンピック招致は実現しなかったのですが、その時のロゴマークのデザインは個人的に好きでした。
水引をイメージした控えめなデザイン。コスモ石油のロゴマークや東京都のシンボルマークも手がけた栄久庵憲司氏の作品です。
招致活動用のデザインとはいえ、2016年東京オリンピック招致失敗と同時にお蔵入りするのはなんとも残念な気持ちがしたものでした。

そして今回の2020年東京オリンピック招致ロゴマークが、皆さんも一度は目にしたことがあるでしょうこれです。
image.jpg





今回のロゴマークは日本を象徴する花である「桜」がモチーフで、一枚一枚の花びらが集まって、世界をつなぐひとつの大きな輪となっているような"桜のリース"の図案。リースには「再び戻る」という意味があり、この桜のリースには「日本で1964年以来のオリンピック・パラリンピックを開催し、スポーツを通じてこの国に勇気と活気を取り戻したい」という強い願いがこめられているそうです。
また、ロゴの配色には、五輪を象徴する色である赤、青、黄、緑に加え、東京を表す色「江戸むらさき」を使用。華やかで一見南国のトロピカルなイメージも湧く配色です。

2020年東京オリンピック招致ロゴマークは一般公募により広く募集され、2011年に当時女子美術大学4年だった島峰藍さんの作品に決定されました。

ただし2020年東京オリンピックの実現のために掲げられてきたこのロゴマークは、あくまで「招致」を象徴するものだそうで、このたび東京での五輪開催が正式決定したため、
街中で目にすることができるのは大会のエンブレムが発表されるまでの間となるそうです。
新たな2020年東京オリンピックのロゴマークは、来年2月までに設立される大会組織委員会が決定、招致ロゴマークは姿を消すことになるのだそう。今は招致ロゴマークに描かれていた「CANDIDATECITY(立候補都市)」という文字を消す作業に追われているのだとか。
ちなみに最終候補地それぞれの国のオリンピック招致ロゴマークはこちらです。
a9753e95.jpg









これらのマークも、すべてひっそりと役目を終えて消えていくのですね。

ところで、この2020年東京オリンピック招致ロゴマークが、お隣韓国にてパロディ化され揶揄されているのはご存じでしょうか?

img_504423_31146705_1.jpg111.jpg 
 








さすが韓国、仕事が早いというかなんというか…。
ヨーロッパはフランスでも、どうようの趣旨の風刺画が雑誌に掲載されて、日本政府が正式に抗議したというニュースもありましたね。
これらのロゴマークのパロディは、韓国のコミュニティーサイトやSNSで拡散しているんだそうです。コメント欄には「こういうことはしてはいけない。自制してくれ」「多くの日本人が放射能で苦労しているというのに」といったロゴマークのパロディーに批判的な意見がある一方、「東京五輪は中止させるべき」「現実を表している」「外国にも広めるべきだ」などといった意見も多いらしいです。
ただこういうロゴマークのパロディーに注目が集まるのは、韓国の中で放射能汚染に対する不安や恐怖が大きいことを表しているということに他なりません。

らぶじら自身、2020年東京オリンピック招致にモヤモヤしているのはそこなんだと思います。
経済効果もわかるけど、世界的に注目されている福島の問題をうやむやにしている感は否めないからです。

2020年東京オリンピックは、2回目の挑戦。
漏れ出した放射能や汚染水の処理、メルトダウンを起こした原子炉を廃炉にする事は、世界初の挑戦。

本当の「おもてなし」精神とは何か。
華やかなニュースで言葉だけが先行してもてはやされているけれど、自分が住んでいた地区を追い出されて暮らしている自国民がいるの中で、この国はどんなきれいな「おもてなし」が出来るのだろう。
そんな思いが未だ消えないらぶじらなのでした。


2016年東京オリンピックマークのデザイン


posted by らぶじら at 01:31| Comment(0) | 時事・芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。