2011年01月13日

ふしぎなお皿 有田焼でレンジ調理 レシピも豊富

今、「ふしぎなお皿」という有田焼のお皿が人気だそうです。
ネットや通販の口コミで広まり、5万枚を売り上げるヒット商品なんだとか。



この「ふしぎなお皿」は、レンジ調理に使う調理便利グッズ。
たとえばふしぎなお皿に生の魚の切り身を置いてチンすると、まるでグリルで焼いたような焼き魚が出来上がるんだそうです。
普通魚をレンジでチンすると、乾いてパサパサになって表面が硬くなってしまいますよね。
でもふしぎなお皿を使えばきちんと焦げ目もついたおいしい焼き魚ができるというから驚き。
他にもとんかつやだしまき玉子などが簡単に作れるなどレシピも豊富というから本当に「ふしぎなお皿」です。

このふしぎなお皿は佐賀県の割烹食器メーカー・小森谷 嘉右ヱ門窯が製造している家庭向け電子レンジ専用皿で、
「無機炭素」を磁器に調合することで強度を高めた有田焼の一品。
この無機炭素が電子レンジが出すマイクロ波を吸収し、遠赤外線を発生しておいしく調理してくれるというのがふしぎなお皿のしくみです。

同封してあるレシピ集には、ハンバーグやイカ焼き、目玉焼きなどレンジでは破裂しそうなメニューもズラリ。
あらかじめ楊枝などで小さく穴を開けておくだけでOKというのも意外です。
油を使わず調理してくれるのでヘルシーなこと、そして料理の時間短縮などにも一役買ってくれそうです。

らぶじらは「チンしてこんがり魚焼きパック」が出始めの頃試してみたのですが、
確かに魚は焼けるものの皮がシートにくっついてがっかりしたのを覚えています。
このふしぎなお皿は直接お皿にのせて調理したあとそのまま食卓に出せるのでいろいろな手間が省けていいですよね。
何より紙やシートを使って調理するのではなく「お皿」という器を使って調理するというところに惹かれます。
今度こそうまく魚が焼ける便利グッズに出会えたと思ったらぶじらでした♪

posted by らぶじら at 00:05| Comment(1) | お役立ち・便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます♪(´ε` )
Posted by パスタのレシピ at 2011年06月27日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。