2009年11月23日

みかんの皮の再利用法 掃除用洗剤、お風呂の入浴剤まで!

そろそろ冬みかんのおいしい季節ですね。
らぶじらもこの間箱みかんを買って毎日おいしく食べています。

しかし箱でみかんを買うと、たくさん溜まるのがみかんの皮。
捨ててしまうのもなんか勿体無いので、このみかんの皮の再利用法についていろいろ調べてみました。

【みかんの皮の再利用法@:みかんの皮の洗剤】

みかんの皮4〜5個をひたひたの水で15分くらい煮出し、茶漉しなどでこして煮汁を作ります。これを霧吹きの容器に入れて洗剤に再利用。
吹き付けて掃除すれば油汚れはすっきり、フローリングや畳もピカピカになってツヤがでます。
また、みかんの皮でシンク掃除もできます。みかんの皮で台所のシンクを磨くと、ピカピカになります。みかんの皮に含まれているペクチンのコーティング作用できれいになります。

【みかんの皮の再利用法A:みかんの皮の消臭剤】

一つは、みかんの皮を乾燥させてポプリを作る再利用法。みかんの皮を新聞紙の上などに広げ、乾燥させます。パリパリに乾いた状態になったら、布なので巾着を作り消臭袋の完成。臭いの気になる場所に置きます。
もう一つは、みかんの皮で電子レンジ内の消臭。みかんの皮を電子レンジに入れ、1〜2分加熱します。レンジ内の臭いが一気に取れます。蒸気が残っているうちにふき取れば油汚れもスッキリ。

【みかんの皮の再利用法B:みかんの皮の入浴剤】

乾燥させたみかんの皮は「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれる漢方薬なんだそうです。みかんの皮を1週間以上陰干しをしてカラカラにします。浴槽に浮かべるとビタミンAやCの有効成分が、体を温め風邪の改善と予防になります。
また細かく砕いてお茶にしていただくと、体も温まり便通にもいいようです。

らぶじらは早速@の洗剤を実践してみました!
ほのかな柑橘の香りがやさしい天然の洗剤で、キッチン周りがピカピカになりましたよ♪

posted by らぶじら at 22:40| Comment(0) | お役立ち・便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。