2009年11月19日

ボジョレーヌーボー2009年の出来は?11月19日解禁!!



さて、今日11月19日は2009年のボジョレーヌーボーの解禁日。
皆さん予約はされていますか?
らぶじらは家の隣の隣りのコンビニで予約しました(笑)
今日の夜に旦那と一緒に飲む予定です。

しかしこの毎年お祭り騒ぎとなっているボジョレーヌーボー、毎年「今年は最高!」というあおり文句を聞いているような気がしませんか?
まあ販売する側としても「今年はダメです」とは言えないと思いますが…。
過去15年のあおり文句はこんな感じ。

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」


これを分析するに、
01年「ここ10年で最高」

02年「01年を上回る」

03年「100年に1度」

05年「ここ数年で最高」
というあたりがこの15年で最高のできでったのでしょうね。

現地フランスのボジョレーワイン委員会によると2009年のボジョレーヌーボーの出来は、
09年のボジョレーヌーヴォーは、
『並外れた年』と言われた03年と05年をも越えるであろう

ということらしいです。
ということは、ここ15年で最高と言われた2003年、2005年を越えてくるのでしょうか?
別の専門家は、
ワインは色濃くしっかりとしたコクと果実味を兼ね備えたもの。2009年は春の穏やかな気候と暑い夏で、ブドウは上出来。久しぶりによく熟した、ボジョレの本当の「当たり年」である」とも。

2009年のボジョレーヌーボーの出来は「50年に一度の当たり年」、とも言われていますよね。

一方で、2009年を「並外れた2005年と猛暑の2003年の中間」とする声もあるそうで、どちらにしても今年は評価が高い方と言えそうです。

新しいもの好きのらぶじらは実は毎年飲んでいますが、確かに2005年は飲みやすくって美味しかった記憶があります。
でも、一年に一回なので味わいはほとんど毎年忘れています(笑)。
今年の新物の出来をお祭り騒ぎに乗っかって楽しむ、というのがボジョレーヌーボーの一番の魅力だと思います。
posted by らぶじら at 13:52| Comment(0) | グルメ・お取り寄せ・ギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。