2009年11月19日

るみ子の酒 何メートルもの高さに爆発するお酒!?



トリビアの泉や探偵ナイトスクープ、ロンブー龍など各種メディアで取り上げれて有名になったお酒、
るみ子の酒」。
このお酒がどうしてここまで有名になったかというと、なんと爆発するお酒だという特徴からだそうなんです。

どうしてるみ子の酒が爆発するのかというと、
このお酒は活性濁り酒なために瓶詰め後も瓶内発酵が行われ、炭酸ガスが発生し続けるからだとか。
アルコールを常に生成し続け、味もダイナミックに変化するわけです。
故に、空けた瞬間に、中のお酒が勢い良く噴出するそうなのです。
シャンパンやスパークリングワインをよく振ってから開ける感じでしょうね。

勇気ある人はこのるみ子の酒をよく振ってから開けると、いい感じで爆発し何メートルも吹き上がるのを見ることができるみたいです。
ただしそうすると中身は空っぽになってしまうそうですが…。
大抵はたらいか何かを用意して拭きこぼれたものもおいしく頂くようです。

るみ子の酒の命名とラベルデザインは、作家の尾瀬あきら氏によるもの。
自身のヒット作「夏子の酒」さながらに若くして蔵を次いだ森喜るみ子さんが無農薬での酒米作りや酒造りに取り組む姿を応援しようと命名しラベルデザインをしたものだそうです。
特に無添加な商品は「すっぴんるみ子の酒」として販売されています。



とっても品質が高く辛口でおいしいお酒なので、もったいなくて何メートルも飛び散らしてしまうようなことはらぶじらには出来ませんが、どんどん味が変化していくのはおもしろいお酒ですよね。
また久々に日本酒飲みたくなってきたなぁ☆
posted by らぶじら at 07:31| Comment(0) | グルメ・お取り寄せ・ギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。