2009年11月16日

腹筋を割る方法 正しい方法で腹筋を6つに割る!

らぶじら、最近筋力トレーニングを始めました。
なんとなく冬近づくに釣れて運動不足が気になり、寝る前にちょこちょこ腹筋やら腕立てやらをして体を温めてから寝ています。

やり始めて一週間、ふと、「腹筋を割ってみたい」と漠然と思い立ちました。
もちろんらぶじらの人生の中で腹筋が割れていた期間は一度もありません。
腹筋を割るにはどんな方法があるのか、いろいろ調べてみました。

そもそも腹筋というのは、もともとどんな人でも六つに割れているそうです。
それが見えないのは、

・お腹の脂肪が多く、腹筋が見えない
・お腹の脂肪は少ないが、腹筋量が少ない
・お腹の脂肪は多く、腹筋も少ない


のうちどれかが当てはまっているからなんだそうです。
つまり、腹筋を割る方法としてはお腹の脂肪を落として腹筋を強化する、ということが大切なんですね。

脂肪を落とすには有酸素運動。ジョギングウォーキングをしながら脂肪を燃焼させます。

腹筋を鍛えるには「クランチ」という筋力トレーニングが効果的。
シフトアップと言われる普通の腹筋よりも効くそう。

クランチは脚を曲げて立てた状態で仰向けになり、手をお腹の上に置いてそのままおへそを覗き込むようにしてぎゅっと体を縮める運動。
なので普通の腹筋のように状態を完全に起こすのではなく、腹筋を使って上半身を縮めるトレーニングです。
縮めるときには息を吐き、戻るときに肩や頭を床に付けて休まないようにするのがコツ。15回×3セット(インターバルは2分以内)行うといいようです。

らぶじらはこの腹筋を割るための方法を昨日からはじめています。
いつ腹筋が割れるか楽しみだな♪
posted by らぶじら at 14:35| Comment(0) | ダイエット・美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。