2009年10月27日

角川春樹「笑う警官」 大森南朋主演 松雪泰子共演

角川春樹さんが、1997年の映画『時をかける少女』以来12年ぶりの監督作品「笑う警官」の制作発表をしました。
佐々木譲原作の北海道警を舞台にした警察小説の金字塔「笑う警官」。
11月14日から全国東宝系ロードショーです。

主演は大森南朋(おおもりなお)さん、共演は松雪泰子さん、宮迫博之さんと豪華な面々。
大森南朋さんは今までも数々の映画やCMで活躍されていますが、
男っぷりや演技力の幅などまさに今が旬の俳優さんです。

しかしやっぱり注目されているのが、大森南朋さんよりも現角川春樹事務所特別顧問で監督の角川春樹さん本人。
角川春樹さんにはコカインや横領などの罪で逮捕歴があり、その逮捕された経験などを今回の映画「笑う警官」の脚本の中にリアルに埋め込んだそうなのです。

角川書店でのエリート時代から一転して逮捕、服役という転落をたどりながら1995年今の角川春樹事務所を設立。
その角川春樹さんがメガホンを取った映画「笑う警官」は、監督のの様々な人生経験を生かして「世界に通じる映画となった」と会心の出来だそう。
北海道が舞台だということで、地元のらぶじらはかなり興味があります。

そういえば余談になりますが角川春樹さんの娘さんって、元アイドルで現鬼畜ライターのKei-Teeさんだそうです。
でも…鬼畜ライターってどんな職業なんでしょう…?(笑)
posted by らぶじら at 16:56| Comment(0) | 映画・ドラマ・テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。