2009年10月19日

オリオン座流星群 方角は東!ピークは19日〜23日

今日からピークを迎えるというオリオン座流星群
冬の代表的な星座オリオン座が東の空に見える今の季節、
オリオン座流星群は東のオリオン座の左上方向から放射状に流れるそうです。

もともと彗星のチリが地球の軌道に入ることでできるこの流星群は、
2006年ごろから少しずつ多く観測され始め、最も多く見られるピークは今年2009年と2010年なのだとか!
今年はそのピークが10月19日〜23日未明までで新月に近い月齢のため、
雲がなく晴れてさえくれればとてもよい環境で観測できるそうです。
時間帯は夜10時〜朝の4時。
一時間に20個ほどの流れ星が確認できるそう。

残念ながらこのオリオン座流星群は来年もピークは迎えますが、来年の今頃は満月の月齢に近いそうなのです。
そのため絶好の観測チャンスは今年というわけ。
しかも、このピークを逃すと次のオリオン座流星群のピークは今から70年後になってしまうとか…!
なんとかして条件のいい今年のオリオン座流星群を見たいですよね。

前回の皆既日食で悔しい思いをした人もぜひ今回のオリオン座流星群の観測にチャレンジしてみてください♪
らぶじらも今日の夜から東の方角を見つめる夜が続きそうです。

posted by らぶじら at 11:58| Comment(0) | 耳寄り・お得・トレンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。