2009年10月15日

さかむけ・ささくれの原因 親不孝と言われるわけ

らぶじらは、物心付いた頃から「さかむけ(ささくれ)」に悩まされています。
もう、どの指かには必ずあるんですよね。
10本の指全部のさかむけが完治したことは一度も無いのです。

気になっていろいろ調べてみると、さかむけ(ささくれ)の原因には次のようなものがあるようです。

【さかむけ・ささくれの原因】

・爪の周りの水分・油分が不足している
・指先の血行不良
・深爪をすることで指先が乾燥しやすくなっている
・ビタミン類、特にビタミンC,ビタミンB2類が不足している

思い当たる節、沢山ある…(汗)
ついでに治療法を調べてみると、まあ一般的な手入れをすることが一番効果があるようでした。

【さかむけ・ささくれの治療法】

・できてしまったら無理にはがすと出血したり真皮が見えたりして感染症の原因にもなりかねないので、爪きりなどで根元から揃える
・手指を保湿効果のあるハンドクリームハンドマッサージオイルなどで保湿する
・マニキュアの除光液などでもかなりの油分・水分が失われるので、必ず使用後は保湿を心掛ける
・ビタミン類を積極的に摂取する。充足しやすいのは1日にキウイ一個、柿半分の量で1日の目標量を摂取できる
・稀に皮膚病のためさかむける人もいるので、重度の場合は一度皮膚科を受診すること

なるほど…。
らぶじらはまずは保湿と果物摂取で完治を目指そうと思います!

そう言えば昔から「さかむけは親不孝のしるし」とよく言われていますよね。
らぶじらも心無い大人から度々そんな言われ方をして傷ついたものです(笑)
これには二つの説があるそう。
ひとつは「親から授かった体を大切にしなさい」という教えから「自分の体には気を配るべし」という意味だ、という説。
もうひとつは子供は親の仕事を手伝うのが当然だった時代、炊事・洗濯など手作業が多いものでした。
さかむけになると、痛くて仕事どころではなくなってしまう。つまり、さかむけになると親の手伝いができなくなってしまう、という事から「親不孝のしるし」と言われるようになったという説だそう。

これから冬に向けて更に乾燥し水も冷たくなる季節。
しっかりケアをしてわずらわしいさかむけからオサラバしたいものです。

posted by らぶじら at 12:53| Comment(0) | ダイエット・美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。