2009年08月14日

加藤めぐみブログ炎上の真相 酒井法子批判の記事魚拓と過去の暴行依頼

今ずーっとテレビで騒がれている女優酒井法子さんの覚せい剤事件について、
らぶじらはとっても残念な気持ちで静観していました。
14の頃から芸能界で生きてきて、
結婚していろいろ考え方も変わって…(ダンナサンに変えられて??)

不起訴処分とか再逮捕とかいろいろ騒いでいますが、
らぶじら的には人ひとり亡くなっている押尾学の事件の方が騒ぐべきなんじゃ??と思っております。

そんなときに起きた、
加藤めぐみ(ものまねタレント)のブログ炎上騒ぎ。
「酒井法子について」という8月12日付けの記事で、一連の事件を痛烈に批判しています。

加藤めぐみの満行ブログ酒井法子について」(魚拓)

記事より…
『筋を 通して 生きてみろよ 自分にも 他人にも 嘘を つかずに 」 なにか やらかしたら 魂から 謝れよ… そうじゃないなら 生 き る な 芸能界は あますぎる よかった わたしは 独自を 貫いてて …』

ここまでなら
「言いすぎだけど正論」
「オフィシャルブログでここまで言えるのは大したものだ」
という意見が多かったのですが、問題は過去のある記事。

加藤めぐみの満行ブログ無駄な仕返し-」(魚拓)

記事より…
『さて 怒りに震えた私… 男仲間も 多かったので…彼らに お願い事をした…『お金を 払うから 〇〇を 遊んでやってくれないか…』 遊んで…とは (ブログ上なんで この表現にて…各自 想像 ご理解くだされ)… 男達は 私の お願い事を … 引き受けた… 』

これって…。
要は浮気された腹いせに彼氏の浮気相手を自分の男友達に襲わせた、
っていう話ですよね??
しかも…ちゃんと実行されちゃっています。

酒井法子さんについての記事で
「よかった わたしは 独自を 貫いてて…」とありますが、
一体どんな独自なんでしょう。
もう記事は削除されブログも休止していますが、
彼女はその酒井法子批判の記事を書いた日、38歳の誕生日を迎えたそうです。

まあ同じ女として、38歳でこういう行動をとる「独自を貫く」という考え方は好きになれませんが…。
そもそも、「加藤めぐみ」という人を今回の騒動ではじめて知ったらぶじらなのでした(爆笑)
posted by らぶじら at 11:43| Comment(0) | 時事・芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。