2009年06月02日

久保田カヨ子さんの新0歳児教育法7か条 一流の脳を育てる天才児教育 エチカの鏡より

5月31日放送のエチカの鏡にて、天才児の作り方という特集が組まれていました。
中でも久保田カヨ子さんの0歳児教育、
先月もエチカの鏡で特集されていて反響を呼びました。
らぶじらも前の放送での七か条を日々の子育ての中に取り入れていますが、今回の放送では新たな7か条が紹介されていました。
その内容は…


《久保田カヨ子さんの新0歳児教育7か条》

1.親が「ストップ」と言ったら行動を止める訓練をする。
2.ガラガラはゆっくり使う。
3.生後1〜2ヶ月のうちにストロー飲みを覚えさせる。
4.話す時は視線を合わせ言葉と表情を伝える。
5.できるだけ多くのにおいを嗅がせる。
6.とにかく紙を破らせる。
7.テレビはどんどん見せる。


というもの。
これも割と楽に実践できそうなものばかりです。
中でもテレビを見させるというのは結構意外でした。もちろん親の声掛けは必要なんでしょうけど、やはり刺激になるのかな?病院とかに行くとよくメディア中毒の注意喚起のポスターを見かけるけれど、
何でも物は使いようということですよね。

久保田カヨ子さんの息子さんは、7ヶ月で歩き、1歳で3000語を話したそうです。
らぶじらの息子は今8ヶ月ですが、7ヶ月でつかまり立ちが精一杯(←標準です)。実際に子育てをしていると、久保田カヨ子さんの子育てがいかにすごいものかというのがわかります。

前回も久保田カヨ子さんと脳科学者の夫の久保田競さんの本を買いましたが、今回も別の本を読んでみようと思って購入しました。
なかなか「こうするといい!」という具体的な方法を書いた本が少ない中、実践させやすいものが多くお気に入りのシリーズです♪


posted by らぶじら at 09:49| Comment(0) | マタニティ・出産・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。