2009年05月16日

ガーデニング・フードニングの便利グッズ 「ガーデンバッグ」 ベランダ菜園におすすめ

最近知ったのですが、今ベランダや庭などでプランターなどを使って食べられるものを栽培することを、ガーデニングと分けて「フードニング」というそうですね。

らぶじらは「ミニトマト」「バジル」「青しそ」といういかにも実用的な野菜を栽培中です。
特に「レジナ」というミニトマトの種類はかれこれ5年近く続けて栽培していますが(単年草です)、鉢植えサイズのこんもりとした盆栽のような株に、鈴なりにこれでもか!!というくらいミニトマトがなります。もうプランターに4株も種から育てておけば、半月以上ミニトマト食べ放題(笑)今年も収穫が楽しみです。

さて、
らぶじらは一人暮らしのときは一階が店舗のアパートの3階に暮らしていました。
もともと植物を育てるのが好きだったためベランダ菜園を始めようと思ったのですが、どうしてもプランターだと下から泥水がこぼれだすのが気になっていました。
受け皿を深くすると根腐れを起こしそうになるし、掃除しても仕事中に雨が降るともうどうすることもできません。
なのでずっと、「ガーデンバッグ」というものを愛用していました。

ガーデンバッグとは、布製のバッグの形をしたプランター(鉢)のことで、布から泥水が滲み出すことがありません。
何より3階のアパートからの持ち運びや収穫後の後始末がとても楽でした。

今不景気なのかプチ自給自足とばかりにフードニングがとても人気だそうです。
ベランダでやってみたいけれど汚れが心配、という方は、
ぜひガーデンバッグを試してみることをおすすめします♪


posted by らぶじら at 19:36| Comment(0) | 趣味・教養・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。