2009年05月10日

スイーツデコ フェイクスイーツ 100均でも! ねんどでお菓子作り 簡単な作り方

今、ねんどでのお菓子作りがひそかなブームになっているって知っていますか?
その名も「スイーツデコ」。または「フェイクスイーツ」とも言うそうです。

サイズはストラップやキーホルダーにできるくらいの小さいもの。
若い女の子たちのちょっと変わったデコとして広まり、今では年齢の層を問わずちょっとした趣味にと始める人が急増しているのです。

可愛さ、賞味期限無し!
失敗、こねて直せばOK!
材料、100均で揃っちゃう!


この手軽さが急速に広まった理由のようです。
100円均一でも紙粘土と絵の具が今までにない勢いで売れているとか。

簡単な作り方をちょっと紹介。
らぶじらも美術をかじっているので、初めて100均グッズで挑戦した定番スイーツ「マカロン」の作り方。

0c0f6179ab305ad81d0cb8073d70e28b.jpg  b2e89ca40095ee6f15ebcd9e47b79aec.jpg

【用意するもの】
・紙粘土
・軽量スプーン
・つまようじ
・抜き型
・木工用ボンド
・絵の具(あればアクリル絵の具、ガラス絵の具など)
・しぼり袋
・口金
・ニス(もしくは透明マニキュア この方が筆も付いてて塗りやすいかも)

1.まず皮を作ります。
 スイーツデコはねんどで作ってから着色するのではなく、作りたい色の粘土をこねて作るので、ねんどに直接色を混ぜてこねていきます。少しずつ絵の具を混ぜて調節しましょう。

2.作った皮をそれぞれ軽量スプーンに入れて板に押さえつけます。
押さえつけたら軽量スプーンからはずし、上から平らなものでつぶしてピエ部分(すそ部分)のボソボソをつまようじで作ります。
(軽量スプーンから外しにくい時は少し乾かしてから爪楊枝で取りましょう)

3.紙粘土はぼそぼそしてヒビが入りやすいので、綿棒をぬらして撫でてみたり、緩く溶いた同じ色の紙粘土を上から薄く塗ってきれいに表面を整えます。

4.次にクリームを作ります。絞り袋に着色したい絵の具+木工用ボンド+紙粘土を入れ、かき混ぜます。粘土10:絵の具1:木工用ボンド:1〜3くらいを目安にするといいでしょう。固さをみながら、固いようなら少量のお水を、柔らかいようなら紙粘土を足します。お菓子作りをしているイメージで、つのが立つようになったらOK。口金をセットし、マカロンに絞ります。その後、そっともう一枚の皮を乗せてはさみます。

5.乾いたら、ニスを塗って完成!



入門編にはピッタリの手軽さと可愛さだと思います♪
慣れてきたらちょっとずつ幅を広げていけそうです。

その他の簡単初心者向けスイーツデコ

上級者向け 粘土・レジンでスイーツデコ

ちなみにこのスイーツデコの師匠とも呼べる実力の、アイドルがいるそうです。
岡田ひとみさんというらしいのですが、なんでも「ねんどる」として売り出しているとか!!
お菓子だけではなく小さなお料理などもねんどで作っちゃいます。個展や教室も各地で開いている実力者。ねんどるとしてのアイドル活動に注目していきたいです。
posted by らぶじら at 16:51| 趣味・教養・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。